BMS HEALTHCARE

スプリセル錠20mg・50mg

Q11 スプリセル錠とプロトンポンプ阻害薬(オメプラゾール、ランソプラゾール、エソメプラゾール)との相互作用は?

A

本剤はプロトンポンプ阻害剤と併用注意です。H2受容体拮抗剤又はプロトンポンプ阻害剤との併用は推奨されません。本剤投与中は、これらの薬剤に替えて制酸剤の投与を考慮してください(引用1)。

<相互作用の機序>
本薬の溶解度はpH の上昇により低下することが示されています(引用2)

<参考>
■オメプラゾール
ダサチニブのPKに及ぼすオメプラゾールの影響を検討する海外臨床試験(CA180-249)が行われました。ダサチニブ単独投与に比べて、オメプラゾール併用投与時のCmax及びAUCはそれぞれ42%及び43%低下しました(引用2)。


<引用>

  1. 添付文書
  2. 審査報告書

この質問は役に立ちましたか?

※5段階で評価ください。

わからなかった 解決した

ご回答ありがとうございました。

解決しなかった場合、
下記よりお問い合わせいただけます。

この製品FAQを閲覧した方は、
こんなページも見ています