BMS HEALTHCARE

スプリセル錠20mg・50mg

Q9 スプリセル錠とCYP3A4の基質となる薬剤(シンバスタチン)との相互作用は?

A

ダサチニブはCYP3A4の基質となる薬剤と併用注意です。CYP3A4の基質となる薬剤の血中濃度が上昇する可能性があります。ダサチニブとシンバスタチンの併用により、シンバスタチンのCmax及びAUCはそれぞれ37%及び20%上昇しました。ダサチニブを治療係数が低いCYP3A4の基質となる薬剤と併用する場合には注意して下さい(引用1)。

<引用>

  1. 添付文書

この質問は役に立ちましたか?

※5段階で評価ください。

わからなかった 解決した

ご回答ありがとうございました。

解決しなかった場合、
下記よりお問い合わせいただけます。

この製品FAQを閲覧した方は、
こんなページも見ています