BMS HEALTHCARE

ソーティクツ錠6mg

Q18 ソーティクツ錠を腎機能障害患者(非透析)に投与してもよいですか?

A

添付文書上、腎機能障害患者への投与に関して規定は設けられておりませんが、以下の通り記載しております(引用1)。
投与に際しては、患者の状態を十分に観察し、リスクとベネフィットを十分に考慮した上で、医師の判断でお願いします。

<添付文書>
16. 薬物動態 16.6 特定の背景を有する患者
16.6.1 腎機能障害患者
軽度、中等度、重度の腎機能障害被験者及び血液透析中の末期腎不全(ESRD)の被験者並びに腎機能正常被験者に本剤12mgを単回経口投与注)したとき、デュークラバシチニブ及びBMT-153261並びに活性成分(デュークラバシチニブ及びBMT-153261のモル濃度の合計として算出、以下同様)の薬物動態に及ぼす影響は下表のとおりであった。ESRD の被験者に本剤12mgを単回経口投与注)したとき、透析液中に回収されたデュークラバシチニブは投与量の5.4%であった(外国人データ)。

腎機能障害の程度がデュークラバシチニブ及びBMT-153261並びに活性成分の薬物動態に及ぼす影響


注) 本剤の承認された用法及び用量は「1回6mgを1日1回経口投与」である。


<引用>

  1. 添付文書

この質問は役に立ちましたか?

※5段階で評価ください。

わからなかった 解決した

ご回答ありがとうございました。

解決しなかった場合、
下記よりお問い合わせいただけます。