関節リウマチ治療以外の生物製剤や他の皮下注製剤との併用は可能ですか?可能な場合、投与部位や投与時間はずらした方がよいですか?

添付文書上、以下の通り記載されており、他の生物製剤との併用はお勧めできません(引用1)。

<添付文書>
7. 用法及び用量に関連する注意
7.1 本剤と抗TNF 製剤の併用は行わないこと。海外で実施したプラセボを対照とした臨床試験において,本薬と抗TNF製剤の併用療法を受けた患者では併用による効果の増強は示されておらず,感染症及び重篤な感染症の発現率が抗TNF製剤のみによる治療を受けた患者での発現率と比べて高かった。また,本剤と他の生物製剤の併用について,有効性及び安全性は確立していないので,併用を避けること。

他の皮下注製剤との併用については特に規定はございません。
オレンシア皮下注製剤の添付文書には以下の通り記載されています(引用1)。

<添付文書>
14.適用上の注意 14.2 薬剤投与時の注意
14.2.1 注射部位は大腿部,腹部,上腕部を選ぶこと。同一箇所へ繰り返し注射することは避け,新たな注射部位は,前回の注射部位から少なくとも3cm離すこと。

他の皮下注製剤を併用する場合の投与部位は、同じ部位への投与は避けていただけますようお願いいたします。

この質問は役に立ちましたか?

※5段階で評価ください。

ご回答ありがとうございました。

オレンシア皮下注125mg シリンジ1mL/オートインジェクター1mLのよくある質問一覧

製剤

投与方法

特殊患者

相互作用

副作用

治療

薬効薬理

製品に関するお問い合わせ

お薬に関する相談窓口(メディカル情報グループ)

0120-093-507
【受付時間】9:00~17:30
(土・日・祝日並びに当社休日を除く)
お電話でのお問い合わせにつきましては、正確性を期するため、また回答の質の維持、向上のために、通話を録音させていただきますので、予めご了承頂けます様お願い致します。

インターネットでのお問い合わせ