BMS HEALTHCARE

イストダックス点滴静注10mg

Q11 イストダックス点滴静注用による骨髄抑制の予防・対処法は?

A

骨髄抑制が発現することがあります(引用1)

イストダックスを投与中は、定期的に血液学的検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、休薬、減量又は中止等の適切な処置を行ってください(引用1)。

■副作用発現時の休薬・減量・投与中止基準


この質問は役に立ちましたか?

※5段階で評価ください。

わからなかった 解決した

ご回答ありがとうございました。

解決しなかった場合、
下記よりお問い合わせいただけます。

この製品FAQを閲覧した方は、
こんなページも見ています