過量投与した時の対処法は?

添付文書上、以下の記載を行って注意喚起を行っております。(引用1)

13.過量投与
13.1 症状
本剤の過量投与により、出血リスクが増大する。
13.2 処置
本剤の抗凝固作用を中和する薬剤はない。出血の徴候が認められた場合には、適切な処置を行うこと。また、活性炭による処置を考慮すること。出血した場合には、症状に応じて外科的止血や新鮮凍結血漿の輸注等も考慮すること。
外国人健康成人において、本剤20mgを経口投与後2及び6時間に活性炭を経口投与したとき、アピキサバンのCmaxは変化しなかったが、AUCは約50%及び27%低下し、消失半減期は活性炭非投与時の13.4時間から5.3及び4.9時間に短縮した。
血液透析による除去は有効ではない。
出血した場合には、症状に応じて外科的止血や新鮮凍結血漿の輸注等も考慮すること。

<引用>

  1. 添付文書

この質問は役に立ちましたか?

※5段階で評価ください。

ご回答ありがとうございました。

エリキュースのよくある質問一覧

製剤

投与方法

特殊患者

相互作用

副作用

治療

薬効薬理・薬物動態

製品に関するお問い合わせ

お薬に関する相談窓口(メディカル情報グループ)

0120-093-507
【受付時間】9:00~17:30
(土・日・祝日並びに当社休日を除く)
お電話でのお問い合わせにつきましては、正確性を期するため、また回答の質の維持、向上のために、通話を録音させていただきますので、予めご了承頂けます様お願い致します。

インターネットでのお問い合わせ