出血時の対応を教えてください。

本剤の添付文書上、以下の記載で注意喚起しております。

1. 警告
<効能共通>
1.1 本剤の投与により出血が発現し、重篤な出血の場合には、死亡に至るおそれがある。本剤の使用にあたっては、出血の危険性を考慮し、本剤投与の適否を慎重に判断すること。本剤による出血リスクを正確に評価できる指標は確立されておらず、本剤の抗凝固作用を中和する薬剤はないため、本剤投与中は、血液凝固に関する検査値のみならず、出血や貧血等の徴候を十分に観察すること。これらの徴候が認められた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。
(引用1)

8. 重要な基本的注意
<効能共通>
8.1 凝固能検査(プロトロンビン時間(PT)、国際標準比(INR)、活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)等)は、本剤の抗凝固能をモニタリングする指標とはならないため、本剤投与中は出血や貧血等の徴候を十分に観察すること。また、必要に応じて、血算値(ヘモグロビン値)、便潜血等の検査を実施し、急激なヘモグロビン値や血圧の低下等の出血徴候を確認すること。臨床的に問題となる出血や貧血の徴候が認められた場合には、本剤の投与を中止し、出血の原因を確認すること。また、症状に応じて、適切な処置を行うこと。
8.2 患者には、鼻出血、皮下出血、歯肉出血、血尿、喀血、吐血及び血便等、異常な出血の徴候が認められた場合、医師に連絡するよう指導すること。
(引用1)

<参考>
日本循環器学会他「心房細動治療(薬物)ガイドライン(2013年改訂版)記載の出血時の対応(引用2)

・軽度の出血:
-止血処置
-安易に休薬することなく、適切な抗血栓療法の継続を考慮する

・中等度・重度の出血:
-抗血栓薬の中止、止血処置、適切な点滴による循環動態の安定化、および脳内出血やくも膜下出血時には十分な降圧を図る ・緊急の止血を要する出血※※緊急時の是正法は確立していない。

(参考)
中等度~重度出血の対応に加えて、専門医の指示に従って下記を考慮する。
-薬物血中濃度が-ピークに達する前なら胃洗浄や活性炭を投与して薬剤の吸収を抑制する。
-血液製剤や凝固因子製剤として第IX因子複合体(保険適応外)、新鮮凍結血漿や遺伝子組み換え第VII因子製剤(保険適応外)の投与も考慮できる。

この質問は役に立ちましたか?

※5段階で評価ください。

ご回答ありがとうございました。

エリキュースのよくある質問一覧

製剤

投与方法

特殊患者

相互作用

副作用

治療

薬効薬理・薬物動態

製品に関するお問い合わせ

お薬に関する相談窓口(メディカル情報グループ)

0120-093-507
【受付時間】9:00~17:30
(土・日・祝日並びに当社休日を除く)
お電話でのお問い合わせにつきましては、正確性を期するため、また回答の質の維持、向上のために、通話を録音させていただきますので、予めご了承頂けます様お願い致します。

インターネットでのお問い合わせ